読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愚問をてってれーするの楽しすぎるでしょβ

ESRのエッセイに唆されてPythonする初心者が半端な勉強ログを書き散らす場所 ICT文化にどうしても住みたいという遠大な啓示が下った人の住処/気持ちよさのためだけに/お客様のお忘れになった恥の概念が母胎に届いているようです

読んだ: NSAのGrayFishはファームウェアを書き換えるとか

How the NSA's Firmware Hacking Works and Why It's So Unsettling | WIRED

NSAマルウェアGrayFishは、ファームウェアを書き換えてそこに存在するようになるので、セキュリティソフトにもかからないし、感染に気づきにくいし、OSを再インストールしても無駄で、ドライブを破壊して投げ捨てる他ない、という話だった。

IBMToshibaなど、主要ファームウェアに対応しているマルウェアだということ。マルウェアの性質上、感染に気づく、対策を講じるなどのアクションが取れるかどうかは、その団体の包括的な技術力を問う事になるということらしい。ハードドライブ上に隠しセクションを作ってそこに盗みたい情報を蓄積していくというのが主なお仕事だということ。

OSのインストールでファームウェアをいじったり、WindowsUbuntuブートローダーがひとつのHDD上で競り合っているために起動時の挙動が不安定らしいと知ったりしている時だったので、読んでみた。高度な技術を持った人間が組織の中でこれを作ったんだなぁ、平和状態って次の戦争への準備期間なんだなぁ、って感じがした。大げさだけど。